奥村税理士事務所

税務・起業に関するご相談等、お気軽にお問合せください

〒892-0817 鹿児島県鹿児島市小川町12-8
電話番号 099-203-0196

新着情報NEWS INFORMATION

相続した空き家を売却した場合の3,000万円の特別控除について!!

平成28年の税制改正大綱に盛り込まれていた、相続した空き家を売却した場合の3,000万円の特別控除の適用が開始されました。

平成28年4月1日以降に売却した場合における、売却益について3,000万円の特別控除を利用出来るというものです。

細かい要件もありますが、簡単に説明すると…

1.相続した旧耐震基準の家屋(マンションなどの区分所有建物は除く)

2.旧耐震基準とは、昭和56年5月31日以前に建てられた家屋

3.改修して売却or解体して更地売却もOK

4.細かい要件とは
相続開始まで自宅として使用
売却額が1億円を超えないこと
相続開始から空き家以外の用途になっていないこと(貸家など)
などなど

全ての要件を満たす必要性があります。

しかし、この問題は非常に多いことです。

親が亡くなって田舎に空き家があるが、子供はそれぞれ自宅を持っているので住む気もなく、古くて貸せないからほったらかしにしている…。こんなことは相続税の相談の時に良く耳にします。

このような場合に、3000万円の特別控除が使えるようになったわけです!!

通常は、3000万円の特別控除は居住用財産に限られていたので、相続した空き家には使えませんでした^_^;

しかも、昔の土地建物だと買った時の値段等が分からずに譲渡所得の計算上、取得費を5%と見積もる事も多々あります。

空き家に対する3000万円の特別控除は、国が抱える空き家問題の課題を解決する一つとして行われるものです!!


奥村税理士事務所と株式会社福見興産は、相続した空き家の3000万円特別控除まで対応可能です(^_^)/


このような問題を抱えていらっしゃる方は是非、ご相談下さい!!

 

参考資料URL

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
pagetop